ウォーターサーバーのメンテナンスは?

ウォーターサーバーには日々のメンテナンスが必要です。
ウォーターサーバーのボトルは業者が交換してくれるので、使用者は特になにもすることがないと思っていませんか?
ウォーターサーバーを安全に安心して使用するためには掃除などの簡単なメンテナンスが欠かせないのです。
ウォーターサーバーの水は業者が殺菌・密閉し、無菌状態で届けられます。
そのため、水道水やペットボトルの水よりも雑菌が繁殖することは少ないと言われています。
空気中のホコリが混入したり、外部の雑菌などのために汚くなってしまうことがあります。
せっかくのウォーターサーバーの安全な水が汚れてしまっては非常に残念です。
以下のような点に注意して、メンテナンスを行いましょう。

・水栓コックの掃除と除菌
水の出口となる水栓コックに関しては一番汚れに敏感になるとよいでしょう。
市販のアルコール製除菌剤を使って、細めのブラシやふきんを使って汚れを除去しましょう。
コックは外部と接している部分ですのでホコリなどの汚れが付着しやすくなっています。
ブラシを差込み、細かく動かして汚れを除去しましょう。

・ボトル差込口の掃除と除菌
ボトルを交換するたびに掃除を行いましょう。
市販のアルコール除菌剤をふきんやブラシなどに塗布し、掃除と除菌を行います。

・ホコリの除去
本体の上面や側面にホコリが溜まってしまうと飲み水への混入の原因になります。
こまめにふきんなどの布でふきとりましょう。
また、ウォーターサーバーに接続されている電気プラグにホコリが貯まると火災の原因になります。
電気プラグにホコリが溜らないように定期的に掃除をするようにしましょう。

・業者による定期メンテナンス
業者によって頻度は違いますが、年に一度はあるところが多いのではないでしょうか。
最近では、メンテナンスを無料で行ってくれる業者も増えてきています。
たとえ費用がかかるとしても、業者が行う定期メンテナンスは必ず受けるようにしましょう。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>